事業者の言う事は間違っている

熱海で起きた土砂災害に関して、徐々に情報が出てくる。 尾根でソーラー発電事業を行う麦島善光氏の代理人は、ソーラーパネル設置場所と崩落現場の間には谷があり、ソーラーパネル設置場所から雨水が流れ込む事はあり得ないと断言した。 そこで国土地理院の標高地図を見てみる。 ソーラーパネルの設置されている場所…

続きを読む