夏は発電量が低下する

シリコン系のソーラーパネルは、パネル温度が上がると発電量が低下する。 シリコン携帯用電池では温度が1℃上がると、効率は0.4%〜0.5%低下する。 平均パネル温度が10℃前後の冬場と、真夏の炎天下の50℃とでは2割も発電量が違う。 実際、外気温度が30℃の夏場ではパネルの温度は80℃近くに達する。…

続きを読む