ベッコウタケに気をつけよう

1.jpg
ベッコウタケは樹木の内部を腐らせてしまうキノコである。
木が枯れるわけではなく、根元の内部が腐ってしまう。
その為に、一見元気そうに見える大木が風で倒れたりする。

樹木は樹皮の部分が健全なら枯れることがない。
内部が空洞の樹木が元気にしているのはこの為なのだが、ベッコウタケやコフキタケはその内部を腐らせて空洞化させてしまう。
空洞化は根の部分にまで及ぶので著しく強度が下がる。
しかし表皮に影響がないので、樹木は元気そうに見える。
元気そうな木だと思って安心していると、実は樹木は強度を失っていて倒れてしまう。

ベッコウタケは桜やヒノキの根元に生息する。
市町村によっては、ベッコウタケを見かけたら市区町村役場に知らせて欲しいとアナウンスしていたりする。
倒木被害を出さないために、ベッコウタケに寄生された木を切り倒すなどするためだ。