環境影響評価の意見書箱が出来ました

1.jpg
共同代表のM氏が意見書箱を作って下さいました。
環境影響評価に対する意見などがあれば、管理事務所の意見書箱に入れて頂ければと思います。
写真は昨日O氏が管理事務所に行った際に撮影されたものです。

環境影響評価が進むと、メガソーラーがいずれ出来てしまうのかなと思う。
行政などが動かない限り、阻止することは中々難しい。
ソーラーパネル群をどの程度見えにくくするのかは不明だが、とにかくパネルの実装密度を上げる計画なので、敷地いっぱいにパネルを敷き詰めたいに違いない。

計画性を持った工事であればまだしも、作りながら決めて行くみたいな感じも受ける。
設計とはトップダウンが基本であり、だからこそ安全性などが確保できる。
行き当たりばったりの工事では、同時業者他所のメガソーラーに見られるような雑な工事になってしまう。
事業者自体の信頼性も乏しいわけで、国や自治体には工事事業者認定制度的なものを作って欲しいくらいだ。