事業者からの回答

事業者は住民に対する説明当を行わないまま、環境影響評価に入ろうとしている。 これは以前と言っている事が違う。 これに対して管理会社、オーナーの会から以下書面を送った。 −−ここから−− 貴社は本年6 月26日の説明で「事業区域の拡大、新たに約9ha の伐根・造成工事を検討する、発生する3万8千ト…

続きを読む

前線南下で伊豆も雨

秋雨前線が昨日より少し南下している。 九州北部から中国地方の雨は、九州南部から四国地方へと移った感じだ。 昨日までの大雨で九州から東海の広い範囲で浸水被害が起きた。 一部では土砂崩れなどもあり、避難している方もいる。 伊豆市では午前8時頃に前線の北側に入ったのか、それまで23℃だった気温がわずか…

続きを読む

貸別荘管理の人に文句を言った

先日管理会社の副社長と話したときに、貸別荘の清掃?などを行っていると思われる人の乗る車に関しての話をした。 一つは別荘地内での走行速度が速いと言う事。 別荘地内は30km/h制限なのだが、貸別荘の清掃要員はそれを守っていない。 30km/h以上でも走れるが、道が細いので危険が伴う。 普通に走ってい…

続きを読む

別荘地再開発計画は進んでいる

管理会社が防災のための測量と称していたものも、ロッジ型ホテル建設計画の一環だった。 今週は建設予定地のボーリング調査が行われた。 建設予定地には湧き水が吹き出している場所が複数あり、そこに建物を建ててしまうと地下水が滞留する。 地下水位が上がると山の斜面下崩れるとか、他の場所から水が噴き出すとか、…

続きを読む

電気代と脱炭素

日本の電気代は高い。 その理由の一つとして原発代がある。 原発で作られる電気自体は安価にする事が出来るのだが、日本の場合は利権絡みの様々な金が動くので高くなる。 原発で作る電気の売上よりも、こうした利権絡みで消費される金額の方が大きいかも知れない。 フランスなど日本よりずっと原発率が高いのだが、電…

続きを読む

宮城県仙台市・太白カントリークラブの場合

宮城県仙台市にある太白カントリークラブ秋保コースは1974年10月に開場した。 東北自動車道・仙台南ICから20分程度、もみの木が点在する秋保の自然が満喫できる丘陵コースだそうだ。 このゴルフ場の風向きが怪しくなったのは2020年の事だ。 最初に代表取締役が朝倉謙治氏に交代し、その後経営母体がブル…

続きを読む

ホテルが出来ると良い事があるのか?

別荘地再開発計画を喜ぶべきなのかどうか。 私自身もよく分からない。 管理会社の言うように、オイシイ事満載であれば喜ぶべきなのかも知れない。 でもそれって、貸別荘の時も言っていたよなぁ。 富裕層を相手にすると言うのだが、木々は生え放題だし道路は穴だらけ、壊れかけた別荘が放置されている現状で、豊かで…

続きを読む

伊豆市との意見交換

事業者が行政の判断を仰がなければ設計が進まないと言っていた件に関して、伊豆市側の意見を聞いてきた。 結論から言えば、「伊豆市が何かを作れと言っているわけではない」となる。 事業者が適切な設計書を持ってくれば済む事だそうで、一々お伺いを立てるのはおかしい。 熱海の盛り土問題も同様らしいのだが、業者…

続きを読む

別荘地再開発計画

別荘地再開発計画に関して、一定の範囲での公開許可を頂いた。 写真(イラスト)はあくまでもイメージであり、実際とは異なる場合がある。 計画は管理棟南側、現在は駐車場や遊歩道として使われているスペースにロッジを建てるというものだ。 これは全てホテルであり、当初は管理会社が物件を所有する。…

続きを読む

メガソーラーの設計会社

設計会社は、神奈川何とか設計と言ったかな、ホームページもある。 設立は比較的古く、公共事業なども行っている。 メガソーラーに手を染めなければ会社のイメージも保てたのにと、なんだか惜しい気がしないでもない。 設計会社・調査会社は信頼が命だ。 正確な調査、綿密な設計が行えなければ仕事が来なくなってしま…

続きを読む

事業者は環境影響評価を開始しようとしている

O氏によれば、事業者は8月23日から2週間の予定で環境アセスの方法書の縦覧を予定していると、伊豆市担当に連絡があったとの事。 そもそも正確な事業計画すら分からない状態で、環境影響評価に入るのは強硬だ。 何を作りたいかは分かっているが、どうやって作るのかは分からない。 前回の説明では、調整池を掘っ…

続きを読む

熱海の土石流に見る災害と悲劇

熱海で土石流が発生して1ヶ月になる。 未だ行方不明の方が居るなど、悲しみから抜け出せない方も少なくはないはずだ。 自然に抗う事は難しく、毎年各地で様々な災害が起きている。 災害による家屋の損害などはある程度保険でまかなう事が出来るというものの、失った時間や思い出は戻らない。 保険会社は思い出に価値…

続きを読む

全国再エネ問題連絡会

全国再エネ問題連絡会が発足し、全国各地から多くの団体が参加した。 個々の力は弱くても、多くの人が知恵を出し合えば乱開発を防ぐ事が出来るかも知れない。 メガソーラー事業者は、各地で問題を起こしており、その対応にかけてもプロである。 それこそ、ソーラー事業が何であるかすら知らない一般人が、プロを相手に…

続きを読む

日本では作れない太陽電池パネル

太陽電池板の多くは中国から輸入している。 太陽電池板を作るには多くの電力が必要であり、電気代の高い日本ではもはや生産は出来ない。 太陽電池板が生み出す総電力は、太陽電池板を作るのに要した電力より少し多いくらいだとか。 別の記事で書いたものだが、アルミニウムも現在の日本で作る事が出来ない。 アルミ…

続きを読む

売電能力以上のソーラーパネル出力

ソーラーパネルの価格が下がってきたので、売電公称出力よりもソーラーパネル出力を大きくすることが多い。 図は40MWの売電を行おうとする場合だ。 赤の線は売電量40MWに対して、ソーラーパネル出力も40MWとした場合だ。 縦軸が売電電力で、横軸が時間である。 これは分かりやすいように正弦波の半サイク…

続きを読む